高橋伸夫ゼミナール 《2021年度冬学期テキスト: 課題・要約・参考文献》  Handbook  BizSciNet

Sarasvathy, Saras D. (2008). Effectuation: Elements of entrepreneurial expertise. Cheltenham, UK; Northampton, MA: Edward Elgar.

サラス・サラスバシー『エフェクチュエーション: 市場創造の実効理論』(加護野忠男監訳 高瀬進・吉田満梨訳) 碩学舎, 中央経済社(発売), 2015.


※このテキストは、サラサラ読めるような類のものではありません。
※《課題》について、皆でディスカッションして、内容の理解を深めましょう。


まえがき/序文/イントロダクション

PART I 経験的探訪 起業家的熟達


第1章 研究対象は何なのか、そしてなぜそれが研究対象となるのか (pp.2-23) 要約》 by
《課題》
第2章 何を、どのようにして発見したのか (pp.24-55) 要約》 by
《課題》
第3章 私の発見についての解釈 (pp.56-79) 要約》 by
《課題》

PART II 理論的探訪 エフェクチュエーション


第4章 エフェクチュエーションを理解する: 問題空間と問題解決の原則 (pp.82-125) 要約》 by
《課題》
第5章 エフェクチュエーションを理解する: エフェクチュアル・プロセスの動学 (pp.126-162) 要約》 by
《課題》
第6章 エフェクチュエーションを成果に結びつける (pp.163-192) 要約》 by
《課題》

PART III 通過地点


第7章 「人工物の科学」としてのアントレプレナーシップ (pp.194-225) 要約》 by
《課題》
第8章 競争優位と起業家的機会 (pp.226-240) 要約》 by
《課題》
第9章 エフェクチュエーションに基づく経済学の哲学と方法論 (pp.241-270) 要約》 by
《課題》
第10章 人々の希望の中に存在する市場 (pp.271-303) 要約》 by
《課題》

PART IV 進むべき方向


第11章 エフェクチュエーションを教える (pp.306-318) 要約》 by
《課題》
第12章 進行中の研究 (pp.319-383) 要約》 by
《課題》
第13章 新たな研究のベンチャー (pp.384-402) 要約》 by
《課題》

付録1 起業家向けプロトコル分析 実験資料/付録2 E5のプロトコル/参考文献/索引


管理人: 高橋伸夫 (経営学) @ 東大経済  BizSciNet

Copyright (C) 2003-22 Nobuo Takahashi. All rights reserved.