Koontz, H., & O'Donnell, C. (1955). Principles of management: An analysis of managerial functions. New York, NY: McGraw-Hill. ★★★

 経営管理論、中でも管理過程学派の代表的な教科書。手元にある初版(1955年)の内表紙によれば、著者2人の当時の所属は、どちらもカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のビジネス・スクール(School of Business Administration)になっている。

 1955年の初版以降、ほぼ4年ごとに改訂し、第2版(1959年)、第3版(1964年)、第4版(1968年)、第5版(1972年)と版を重ねた。1976年の第6版では、1970年代のコンティンジェンシー理論のブームを受けて、書名を Management: A systems and contingency analysis of managerial functions と変えたが、ブームが去り、1980年の第7版では副題を削除して、書名はシンプルに Management となり、第3著者としてWeihrich, H.が加わっている。 3人の共著となった以降もさらに版を重ねて、1984年に第8版が出版された。

初版からしてx+664ページもあったが、改訂の度に厚くなり、翻訳は、xiv+824ページにもなった第6版(1976年)について、H.クーンツ, C.オドンネル著、高宮晋監修で、マグロウヒル好学社から1979年に5分冊で出版されている。

  1. 1979年12月『経営管理1 経営管理の基礎』(大坪檀訳).
  2. 1979年3月『経営管理2 経営計画』(大坪檀監訳).
  3. 1979年1月『経営管理3 経営組織』(中原伸之訳).
  4. 1979年1月『経営管理4 経営人事・指導』(中原伸之訳).
  5. 1979年5月『経営管理5 経営統制』(大坪檀監訳).

 著者の一人クーンツは、「経営理論のジャングル」という論文を発表して話題になった。それを受けて、ミンツバーグらが経営戦略論の「サファリ」と題した。


《参考文献》

Koontz, H. (1961). The management theory jungle. Academy of Management Journal, 4(3), 174-188.

Koontz, H. (1980). The management theory jungle revisited. Academy of Management Review, 5(2), 175-188.

Mintzberg, H., Ahlstrand, B., & Lampel, J. (1998). Strategy safari: A guided tour through the wilds of strategic management. New York, NY: Free Press.
邦訳, ヘンリー・ミンツバーグ, ブルース・アルストランド, ジョセフ・ランペル(1999) 『戦略サファリ: 戦略マネジメント・ガイドブック』(木村充, 奥澤朋美, 山口あけも訳). 東洋経済新報社.


Handbook  Readings  BizSciNet

Copyright (C) 2017 Nobuo Takahashi. All rights reserved.